阪神救助犬協会 西日本豪雨災害へ出動(2018年7月10日〜)

2014年8月21日(木)広島市土砂災害の不明者捜索に協力してきました

【チームステファン】広島市安佐南区救助活動

【チーム・ステファン】捜索災害救助犬育成/兵庫県宝塚市/災害救助訓練、わんわんパトロールスペシャル隊、セラピードッグ
【チーム・ステファン】捜索災害救助犬育成/兵庫県宝塚市/災害救助訓練、わんわんパトロールスペシャル隊、セラピードッグ/Life with Dogs/Search and Rescue Dogs

掲載新聞記事/毎日新聞2009年1月27日付

スマホ用

捜索災害救助犬育成・わんわんパトロール『チームステファン』最新情報

2014年8月21日(木)広島市土砂災害の不明者捜索に協力してきました

2014年10月05日(日)滋賀県米原市の防災訓練に参加しました

捜索災害救助犬&レスキュー隊有志 合同災害救助デモンストレーション
2011年11月24日(木)午後3時 宝塚市立第一小学校にて

2009年09月捜索災害救助合同訓練写真集(兵庫県三木市にて/全員自費参加)
2009年09月捜索災害救助合同訓練写真集(兵庫県三木市にて/全員自費参加)
2010年02月01日西日本RS検証会でレスキューの方々と想定訓練に参加写真
2010年02月01日西日本RS検証会でレスキューの方々と想定訓練に参加写真
メディアプレイヤー用 メディアプレイヤー用

「ワン」ダフルな 捜索災害救助犬/ステファンお披露目/宝塚の相良さん「地域密着の活動を」

毎日新聞2009年1月27日付

ボランティアで「捜索災害救助犬」を育てている宝塚市の主婦、柏良順子 さん(58)が26日、救助犬「ステファン」(雄、6歳)の訓練成果を同市末広町 の武庫川河川敷で披露した。阪神大震災(95年1月)をきっかけに軽助犬の育成に取り組み始めた相良さんは「災害時だけではなく、行方不明者の捜索を手伝ったり、地域に責献するのが目標」と話し、市や消防、警察関係者らが訓練風景を見守った。【山田奈緒】

震災時に海外から来た救助犬が活躍する姿をテレビで見て「私も大好きな犬と、人の命を助けるボランティアに携わりたい」と決意。 栄養学など必要な勉強を重ね、約2年前からラブラドルレトリバーのステファンに本格的な訓練を施した。

救助犬による被災地での捜索活動や警察犬の育成を行うNPO法人―「犬の総合教育社会化推進機構」(埼玉県)の訓練士のアドバイスも受け、ステファンは昨年、同法人から捜索災害救助犬に認定された。
この日は「座れ」「待て」といった基本的な服従動作から、シーソーなど足場の不安定な場所を指示通りに歩く訓練を披露。さらに土砂災害で河川敷に取り残されたという設定で隠れていた要救助者役の2人を、においをたどって探し出した。

相良さんは犬を飼う地域住民と、犬の散歩と地域の見守りを兼ねた「わんわんパトロール」を続けている。パトロールは防犯目的だけではなく、地元の地形を理解させる訓練でもあるという。「何か起きた時、遠くからの支援を待つのではなく、いち早く捜索活動をするため、地域に密着した活動を続けていきたい」と話している。

(写真)訓練の成果を披露した相良順子さんと救助犬ステファン/宝塚市の武庫川河川敷で


実際の新聞記事の切り抜きは、次をクリックしてください。

毎日新聞2009年1月27日付 「ワン」ダフルな捜索災害救助犬 ステファンお披露目
毎日新聞2009年1月27日付

「ワン」ダフルな 捜索災害救助犬/ステファンお披露目/宝塚の相良さん「地域密着の活動を」
(クリック)

ナビリンク

チーム・ステファンHOME お問い合わせ このページの先頭へ
2009年4月16日より累計 本日 昨日