阪神救助犬協会 西日本豪雨災害へ出動(2018年7月10日〜)

2014年8月21日(木)広島市土砂災害の不明者捜索に協力してきました

【チームステファン】広島市安佐南区救助活動

【チーム・ステファン】捜索災害救助犬育成/兵庫県宝塚市/災害救助訓練、わんわんパトロールスペシャル隊、セラピードッグ

掲載新聞記事/神戸新聞2009年1月27日付

捜索災害救助犬育成・わんわんパトロール『チームステファン』最新情報

宝塚の相良さん/愛犬が 「捜索災害救助犬」 認定/訓練の成果を披露

神戸新聞2009年1月27日付

阪神・淡路大震災をきっかけに「捜索災害救助犬」の育成に取り組んできた宝塚市野上一、主婦相良順子さん(58)が二十六日、宝塚市末広町の武庫川河川敷で、昨年認定されたばかりの愛犬「ステファン」との訓練を披露した。市職展や宝塚署員ら約三十人が見学し、相良さんは「捜索は時間との戦い。いち早く活躍できる地域の救助犬が増えてほしい」と話す。

飼い犬に訓練をするのが好きだった相良さん。震災後に海外から派遣された救助犬を見て「私にも育成できるかも」と思ったという。

約二年前から特定非営利活動法人(NPO法人)犬の総合教育社会化推進機構(本部・埼玉県狭山市)の指導を受けながら、毎日欠かさずステファンと訓練し、筆記試験の勉強にも励んだ。昨年三月、広域捜索の認定を受け、同十二月にはがれき捜索の認定も受けた。

土砂崩れによって河川敷に人が取り残されたという想定の捜索訓練では、オレンジ色のつなぎ姿の相良さんの指示に従い、素早く草むらの中から人を見つけ、ほえて居場所を知らせた。相良さんは「今度は国際機関の認定を目指したい」と意欲を見せていた。(切貫滋巨)

(写真)訓練の成果を披露する相良さんと愛犬のステファン=宝塚市末広町


実際の新聞記事の切り抜きは、次をクリックしてください。

神戸新聞2009年1月27日付 宝塚の相良さん 愛犬が「捜索災害救助犬」認定 訓練の成果を披露
神戸新聞2009年1月27日付
宝塚の相良さん/愛犬が 「捜索災害救助犬」 認定/訓練の成果を披露
(クリック)

ナビリンク

チーム・ステファンHOME

お問い合わせ

PC用

このページの先頭へ

Copyright©2009-2018
Team Stefan チーム・ステファン
2009年4月16日より累計
本日 昨日